ナース&ドクター


ナース&ドクター
ナースは、ボクが子供の頃は看護婦という呼び方が一般的でしたが、最近はいろいろあって法律上や公共の場面では看護師という言葉を使うようになりました。ちなみに男性の場合は看護士→看護師です。

プリンセスとパンドラの箱

グレンとアミガサダケ


グレンとアミガサタケ
古典SF小説「地球の長い午後」の後半主人公のグレンとアミガサダケです。
はるか未来、人類は文明を失い、強大な蟲たちの隙間で原始的な生活をする弱小で硬直した種族に成り下がっています。そんな部族の中で、考えることのできる少年だったグレンは、はねっかえりとして追放され、不可思議な自然や、朽ち果てた文明の残滓など、遠未来の世界を旅することになります。本作は崩壊後世界ものの元祖ともいえる作品で、後のSFやアニメに多大な影響を与えています。

アミガサダケはグレンの相棒的なキャラクター。高度な知能を持った寄生生物ですが、自分だけで動くことはできません。そこで、グレンに寄生します。グレンは知恵とかつての文明由来の知識を得ますが、かわりに自由を失います。

 アミガサダケ参考

ところで、「アミガサダケ」という名称は、本来は実在するキノコのものです。他のモンスター的な存在はモブでもオリジナルの名称が与えられているのに、なぜか重要人物のこいつがアミガサダケ。作中で特に明言はされてなかったと思うんですが、作中のアミガサダケと実在のアミガサダケは別もので、実在するアミガサダケが知恵などを持っているという事ではないと思うんですよね。この世界では植物も動物も進化して別物になってますし。じゃあなぜアミガサダケという名称にしたのか…そこがわからない。しいて言えば見た目が少し脳に似ているから? クルミはもちろんミカンの方がまだ脳に似てるので無理があるかな。

余談ですが、実在するアミガサダケも複雑なヒダを持つ形状なので、スープに入れるとよく絡んでおいしいです。


料理ではモレルとかモリーユ茸と言われる場合もあります。

プリンセスとパンドラの箱

ブラッドレター


ブラッドレター
いかにも悪魔って感じの悪魔。肉がむき出しみたいな赤が特徴的。
初出というか原典はウォーハンマーという海外のRPGやボードゲームを展開するコンテンツだと思います。フィギュアも出てます。
ウォーハンマーのブラッドレターは混沌の邪神に仕える下級悪魔なんですが、混沌という割には整然とした規律を感じる軍団を作っています。
また同名のモンスター、アイテムや魔法などが他のゲームにも登場しています。
とするとBloodlettersという言葉の意味が気になるところですが、これがどういうニュアンスなのか、よく掴めないんですよね。「流血をもたらす者」、みたいな感じでしょうか?

プリンセスとパンドラの箱

帰還者(ジメッツスムートの子孫)



帰還者(ジメッツスムートの子孫)
地球が環境破壊で住みにくくなったので宇宙に移住先を求めたのが”ジメッツスムート”。永い時を経て、その子孫たちが地球に戻ってきたのが帰還者(ジメッツスムートの子孫)です。全身を覆う宇宙服のようなものを着ていますが、これはもはや別種の生物へと進化した彼らの身体が、地球の環境に適合しないものになっているからです。

出典:マンアフターマン/ドゥーガル・ディクソン

プリンセスとパンドラの箱